スキミング防止機能付き! 安心ミニ財布『Zepirion』を6ヶ月使用した感想

オススメ購入品

ここ1~2年で、日本でもかなりスマホ決済が普及しましたね。

私も今やすっかりキャッシュレス生活に馴染んでしまい、現金も極力持ち歩かないようにしているのですが、そうなると気になってくるのが

財布がデカい!

……ということ。

キャッシュレス生活になる以前は小銭もお札もカード類もたっぷり入る長財布を使用していました。

しかし現金はおろかポイントカードすら持ち歩かなくなった今、長財布なんてバッグの中でかさばるだけの邪魔者状態。

もっと手頃なサイズの財布はないかと探してみたところ、楽天で『カード収納ケースの付いたミニ財布』なるものを発見。

購入してから既に6ヶ月ほど経ちましたが、かなり便利に使用しています。

今回は、私が購入したミニ財布の使用感について、メリットやデメリットなどをまとめてみました。

キャッシュレス生活に適した財布をお探しの方や、もっと手頃なサイズの財布をお探しの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

スマホよりコンパクト!カード収納ケース付きミニ財布『Zepirion』の使用感

購入したのは『Zepirion』というミニ財布。

女性の手のひらにも収まるほどのコンパクトサイズです。

楽天の商品説明には『メンズ』と記載がありますが、カラーによっては女性でも使えます。

私が購入したのはブラウンです。

他にもレッドやネイビーなどがあります。

画像のように閉じた状態でのサイズは75×110×20㎜

重さは90g

iPhoneよりもコンパクト。

そして軽いです。

長財布を使っていた頃は財布だけでバッグが重くなっていたのですが、この財布に変えてからは腕や肩への負担が軽くなりました。

従来の財布より薄くてかさばらないので、バッグの中のスペースに余裕ができるのも良いです。

ミニ財布を購入したのを機にバッグ自体も小さいものに変えて、荷物自体を少なくすると更に快適になりますね。

カード収納ケースにはスキミング防止機能が付いている

開いた状態での横幅は150㎜

左側のアルミケースが、クレジットカードなどの収納ケースになっています。

ケース内にはカードを5枚まで収納可能です。

楽天の商品詳細ページによると、このカード収納ケースには『スキミング防止機能が付いていて、個人情報を盗まれたり、カードを偽造されたりといった悪用を防いでくれるそうです。

この『スキミング』という犯罪は年々巧妙化していて、人込みや満員電車で知らないうちにカードの情報を盗み取られるケースもあるみたいです。
※犯人は小型の端末を持ち歩いているそう。

一応、ケースの右側にもカードを収納できるポケットが3つ付いていますが、クレジットカードについてはケースの中に入れた方が安全だと思います。

財布を開かなくてもカードを瞬時に取り出せる

カード収納ケースにはスキミング防止以外にも便利な点があります。

このケースによく使うクレジットカードを入れておけば、わざわざ財布を開かなくても、ケース下部のバーを指で引くだけで瞬時にカードが出てきてくれます。

画像のように財布を閉じた状態のまま、赤い印の部分のバーを指でスライドします。

赤い矢印の方向にバーをスライドさせると、ケース内からカードがひょこっと出てきます。

複数枚のカードを収納している場合でも、それぞれのカードが段差で出てくるので取り出しにくいということもありません。

使ったカードを再び戻す際は、ケース内に差し込むだけでOK。

会計の際にわざわざ財布を開いて、更に財布の中のどのポケットに目当てのカードを収納したのかわからなくなって大パニック……という無駄な手間も省けます。

長財布を使用していた頃、私もたまにそんなミスをやらかしてはレジ員さんに迷惑をかけてました(反省)

デメリット

1.小銭はほとんど入らない

財布の背面に、小銭用の小さなポケットが付いています。

楽天の商品詳細ページには約20枚の小銭を収納可能という記載がありますが、実際には20枚も入れたらチャックがギリギリ閉まるかどうかになると思います。

500円玉も含めた場合、5枚くらいが限界ではないでしょうか。

私も一度、うっかり現金払いでおつりを小銭で10枚近く出された際、このポケットに無理やり詰め込んでパンパンになってしまったことがあります。

もし日頃から小銭もしっかり持ち歩いている場合は、別に小銭入れを用意した方が良いです。

ちなみに私は小銭は一切持ちません。

万が一おつりで小銭を受け取った場合は、帰宅後すぐに貯金箱に入れて財布の小銭入れは常に空にしています。

2.お札は二つ折りにしないと入らない

お札入れには約10枚収納可能とありますが、画像のように二つ折りにしないと入りません。

二つ折りにした状態で10枚も入れたら、やはり財布自体もパンパンになって、たたみづらくなると思います。

また、お札を二つ折りにして入れても端の方がちょうど財布の中央の折りたたみ地点に重なるので、お札の形が微妙に歪んだり、折り目がついたりします。

画像の千円札も、右端に丸い折り目がついてしまっています。

そのくらいで使えなくなるということはありませんが、ATMに入金する際などは一度で読み取ってもらえないという、少々面倒なこともあります。

私はよくセブン銀行ATMからPayPayにチャージするのですが、この財布からお札を取り出した後、一旦きれいに引き延ばしてから入金しています。

毎回、微妙に面倒くさいです。

お札にしても、必要最低限の金額を入れるのみにした方が良いです。

キャッシュレス生活で現金をほとんど使わない人向けの財布

  • 小銭は持ち歩かない
  • お札も必要最低限(1万円札を1枚程度)のみ

上記のような、完全キャッシュレス生活を送っている人向けの財布、という印象です。

電子決済だけでなく、現金での買い物も頻繁に行っている人にとっては、お札を二つ折りにしないと入らない点や、小銭用ポケットが小さ過ぎる点は不便に感じられると思います。

反対に、普段の支払いもすべてクレジットカードで済ませているという人にとっては、スキミング防止機能の付いたカード収納ケースは便利だし、安心できるのではないでしょうか。

何より、財布が小さくなるだけで外出の際かなり身軽になれるのが、個人的に一番のメリットだと思っています。

今回ご紹介したミニ財布『Zepirion』

興味のある方はぜひ、検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました