久世福商店『なすと鶏肉の南蛮炒めのたれ』でカンタン&美味しい晩ご飯

オススメ購入品

デパートなどで見かけると、ついつい立ち寄ってしまうお店の1つ、久世福商店。

本日は久世福商店での購入品を使って夕飯のおかずを作りました。

自炊が面倒になる日もあるさ~♪

スポンサーリンク
広告の表示がブロックされています。

化学調味不使用。簡単ヘルシー『なすと鶏肉の南蛮炒めのたれ』

ごはんがすすむ『なすと鶏肉の南蛮炒めのたれ』

付属のタレ1袋を材料と混ぜて炒めるだけ。

作り方が超簡単&美味しいって最高だと思う。

「化学調味料不使用」というのもポイント高いですね。

短時間で手軽に美味しいおかずを1品作りたいときに、こういう商品を自宅にストックしておくと便利です。

作り方→材料を切って、炒めて、タレと和えるだけ

パッケージ裏に記載の通りに作ればOK。

ナスと鶏肉があればすぐに作れます。

今回、お肉は鶏もも肉を使用。

「1枚」と記載されていますが、私は鶏もも肉を買うときはいつも、から揚げサイズにカット済みのものを選んでます。

自分で切るのがどうしても面倒なので……。

野菜はナスの他にいろいろ加えてもOK

ピーマンが半端に余っていたので加えることにしました。

タレは割と何にでも合う味だと思うので、冷蔵庫に余っている玉ねぎやにんじんなど、ナスと相性の良さそうな野菜を好きに加えてみても良いと思います。

調理開始

1.鶏肉に片栗粉をまぶす

材料をすべて1口大に切った後は、まず鶏肉に片栗粉をまぶしておきます。

私の場合、片栗粉はすべて画像のもので済ませています。

手軽な大きさで場所も取らないし、サッと使えて便利なので。

しかしこの片栗粉、購入したのはいつ頃だっけ?

ふと気になり、念のため賞味期限を確認してみたところ……

( ^ω^) ……。

まあ、いいか!

ずっと冷蔵庫に保管していたし、大丈夫でしょ!

ということで、気にせず使用。

夕食後、この記事を書いている時点では何ともないです。

※決して真似はしないでくださいね!

カット済みの鶏肉をポリ袋に入れ、片栗粉を加えてシャカシャカ振ります。

この方法だと洗い物も増やさずに済むので楽です。

ちなみに鶏肉は午前中に冷凍庫から冷蔵庫へ移していたのですが、夕方6時の時点でまだ半解凍でした。

しかし解凍を待つ余裕はないのでそのままポリ袋に入れてやります。

ポリ袋の中で片栗粉をまぶされる鶏もも肉の図

半解凍のままポリ袋に詰め込まれ、期限切れの片栗粉をまぶされる鶏もも肉の心境や如何に……。

2.材料を炒める

フライパンに油をひいて、まず鶏肉から炒めます。

パッケージの作り方には「鶏肉に火が通ったら一旦取り出して、次にナスを炒める」というふうに記載されていますが、

面倒なので全部まとめて炒めます!

↑ダメな例です。

鶏肉にある程度火が通ったらナスを加えて一緒に炒めます。

「肉を一旦取り出す」という行程を省いて一緒に炒めました

ピーマンは食感を残したいのでタレを絡める寸前に加えました。

全部に火が通ったら最後に『南蛮炒めのたれ』を絡めて完成です。

食べてみた

味付けはあっさりした甘めですね。

野菜の他にしめじなどのキノコ類を加えても良いかも。

ご飯にかけて丼にして食べるのも美味しいのではないでしょうか。

また、「唐揚げにかけるなどのアレンジも可能」と記載されているので、久世福に寄ったら1つくらい買ってストックしておくと、夕飯に迷ったときに便利ですね。

オンラインショップも便利

久世福商店の商品はオンラインショップでも購入可能です。

『サンクゼール・久世福商店』というサイトを利用すれば、お歳暮などを選ぶ際にも便利ですよね。

オンラインショップでは購入金額100円ごとに1ポイント貯まり、更に貯まったポイントは実店舗の久世福商店やサンクゼールでのお買い物にも利用できます。

またサイトでは、お得なクーポンが配布されることもあるそうです。

久世福商店がお好きな方、興味のある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました